実践!出会い系メール術5


実践!出会い系メール術⑤

■女性が不満のメールをしてきたら

出会い系サイトでメールを上手く続けており、距離が近くなってくると、女性の不平不満や愚痴を聞くことになるでしょう。この時、女性は説教やアドバイスを求めているのではなく、共感・同調してくれることを望んでいます。
例えば「職場の上司が神経質で本当に疲れるわ」という愚痴を聞いたならば、優しく「俺の上司にも神経質な奴がいるからその気持ち分かるよ」と言う風に共感を示してあげるのです。しかし同調ばかりでも薄っぺらい男だと言う印象を与えてしまうので、時には説教臭くならないように、諭すように話をしてあげると言うでしょう。
先ほどの例でいえば、「神経質な上司がいて疲れるわ」といわれたら「俺の上司にも神経質な奴がいて疲れるのわかるよ。うるさいなーって思った時にはね、あんまり気にしないことだよ。気にしてもしなくても上司の神経質は変わらないんだから、気にしない方が得じゃない?」と言う風にです。
こういう風に話して相手が納得すれば、相手の中に強い印象や、頼れそうだな、などのいい影響を与えることができるかもしれません。
あくまで相手にうるさい人だなと思われないよう説教臭くなることを避け、共感を示して屋してあげることが大切です。そして時に諭すように話してあげること。女性が不平不満を漏らした時には、これらの点に注意しておきましょう

■執着しすぎに要注意

出会い系サイトで見失いがちなのが、「今メールしている相手が本当に自分が求める相手なのか?」ということです。特に出会い系を始めたばかりの頃は、メールをしていることが嬉しく、この相手を逃すまいと相手に合わせすぎる傾向があるようです。
しかしそれで本当に良いのかどうか考え下さい。無理して話を合わせたことで関係がうまくいってカップルになったとしたら、その後もずっと合わせ続けることが出来るでしょうか?必ずや無理が生じてくることと思います。相手が女性であればだれでも捕まえればいいというわけではないのです。
メールにおいて、ある程度女性に合わせてあげることも必要ですが、あまりにも合わせることがありすぎるのであれば、時にはメールを辞める勇気も必要ということです。
出会い系サイトには、非常に多くの女性が登録しているのですから、一人諦めたとしても別の相手はいくらでもいます。出会い系サイトでの出会いが結婚につながることもよくあることです。そうなれば最終的に結婚するのはあなたなのです。そして結婚するということは、生涯共に歩んでいくことが前提なのです。本当に性格の合う女性を見つけるようにしましょう。
この話は、ネットだけではなくリアルでも同様のことが言えます。出会い系サイトにはリアルでありがちなことが同様によくあるのです。現実に即してネットを考えると参考になることも多いでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ