実践!出会い系メール術3


出会い系メール術3

■メールで質問をするとき

出会い系でのメールテクニックとしてよく言われるのが、「会話を続けるためには、相手が返信しやすいように質問を投げかける」と言うものがあります。これは確かに一理あることで、メールが返ってくる可能性は高まるでしょう。
しかし注意すべきは、いくら効果のあるテクニックだからと言って、やりすぎると逆効果であると言うことです。つまり、質問ばかりしていると相手は尋問されているように感じて、嫌な気分になることでしょう。デリケートな部分を聞いてしまえば、警戒心を起こさせることとなるでしょう。
また、プロフィールに書いてあることを質問してしまうことも、相手を不快にさせます。「そんなことプロフィールに書いてあるじゃん」とうんざりさせてしまうのです。もっと悪い場合は、「複数の女性とやりとりしているため、各女性のプロフィールがごちゃごちゃになっているのではないか」という猜疑心を産むことになるかもしれません。相手のプロフィールは一ンと確認しておくことは大切です。
これと同じように一度聞いたことを再び聞いてしまうということも嫌われる行為です。うんざりさせるような行為は慎むべきです。
以上の点に留意して、質問する内容や頻度に十分注意したうえでやり取りをするようにしましょう。

■メールだからこそ控えめな姿勢を

出会い系サイトの長所の一つは、言うまでもなくネットを介しているので、相手と直接顔を合わさずにメールの文面でコミュニケーションが取れることです。この事は会話が苦手な人にとって幸いします。じっくり考えてから文章を送ることが出来る為、会話が苦手な人という印象を与えずに済むのです。むしろ十分に文章を練って、面白いことをたくさん盛り込んだメールを作ることもできるでしょう。
しかしこれは長所であると同時に、塩梅をよく考えなければ短所にもなってしまいます。つまり、面白いことを書くのもほどほど、テンションをあげるのもほどほどにしておかなければ失敗します。
なぜならあまりに面白く、ノリがいいという印象を相手に与えてしまった場合、実際に会う時に相手は「面白い人と会える」、「相手はテンションが高い人だから引っ張ってもらおう」などと考えて来ることでしょう。
実際に面と向かって会ったときに、とっさに面白い話題を提供したりすることは難しいものです。こうなると、相手はメールの時の印象と実際会った時の印象の落差にガッカリしてしまうのです。
面白いことやテンションは控えめにしておき、「面白い話もそこそこできて良い人そうだな」くらいの印象を持たれるのがベストなのです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ