30代独身女性の出会い系サイト活用法


30代女性の出会い系サイト
独身のまま30代にもなると、はやく結婚しなければと焦りを生じてくるでしょう。30代前半と後半では焦りの大きさは違うでしょうが、どちらも大きな焦りを感じていることと思います。

結婚の為には相手となる男性が必要です。よって相手となる男性を求めることが婚活の第一歩となるわけですが、その際にオススメなのは出会い系サイトです。なかでも、マッチング系の出会い系サイトでは、真剣な出会いや結婚を前提とした出会いを求めている人が多いため、相手を見つけやすいです。しかしながら結婚できない女性の特徴として、相手探しの段階で失敗を導いている女性が多いので、それを理解して出会いを求める準備をしましょう。

それは、相手を高望みしすぎることです。例えば、年下でイケメンで高収入の男性を求めるような、もしそこまで行かなくてもこの三要素のうちふたつくらいは、と思っている女性は多いのではないでしょうか。それは無理な望みというものです。年下でイケメンで高収入の男性など、熟女好きなどという特殊性でもなければ30代などに見向きもしないでしょう。遊ばれて終わりです。

高望みをしないことです。自分はもう30代であり、結婚相手がおらず、このままだと年ばかり重ねていくこととなる、という現実を的確に受け止め、そのためには高望みは無駄なことであると認識することです。

その認識をすれば、自然と求める相手も変わってくるでしょう。同じく30代の男性を結婚相手として求めることが妥当であると気付くはずです。同じ30代相手ならば結婚に至る可能性は十分にあります。30代でそこそこ収入のある男性を捕まえることが出来れば、それによって経済的安定を得られるので、それだけでも万々歳というべきです。

近年の国勢調査によると、30代男性の未婚率は30~34歳で47.1%、35~39歳で30.0%となっており、30代女性の未婚率は30~34歳で32.0%、35~39歳で18.4%となっています。この数値を見ると、男性の方の未婚率が高いことが分かります。つまり、同年代を結婚相手として求める限り、相手には困らないということが分かります。

数値やデータをもって理解の助けとすると少し安心できたのではないでしょうか。出会い系サイトは多くの出会いで溢れていますので、焦る必要はありません。メールから電話、電話からデートときちんと段階を踏んだ交際を重ねて、自分に会う男性をじっくり探して行きましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ