30代前半の結婚したい焦り


結婚を焦る
女性の結婚適齢期は28.5歳であるとされます。男性であれば30代前半で未婚というのはそれ程焦ることでもないのですが、女性の場合は適齢期を過ぎて30代前半にもなると、結婚しなければと焦る女性も増えてくるわけです。

このような女性には、マッチング系出会いサイトがオススメです。自分のプロフィールと求める相手のプロフィールを詳しく設定することで、良質な出会いを求めることができます。しかし良質な出会いを求める前提として、まず、なぜその年齢になるまで結婚が出来なかったのかという原因をつきつめ、改善する事が必要となります。ではその原因を考えてみましょう。

30代後半ともなって結婚できていない女性というのは「望みが高すぎる」「焦りから結婚願望が強すぎて男性から引かれてしまう」などが原因である場合が多く、30代前半の女性が結婚できない理由にも同じ理由が適用されがちです。たしかにそういった一面もあることも否定はできません。しかしそういった理由から結婚が出来ない女性がいる一方で「受身である」ことが仇となって結婚を逃している女性が多いというのが本当のところではないでしょうか。

女性の積極性も行き過ぎれば上記のような「結婚願望が強すぎて引かれてしまう」というものに繋がってしまうため、ある程度積極的でなければなりません。いい塩梅、いい具合を考えなければならず、これが難しいところです。多くの場合受身になりすぎるために自ら出会いを逃す結果となってしまいます。

受身になると言うことは男性から言いよって来られるのを待つということですが、それは果たして現実的なことと言えるでしょうか。常識的に考えて、男性はアラサー女性よりも若くて綺麗な女性にアプローチするものです。ですから受身になっていても結婚のための出会いは生まれてこず、そのため30代前半となってもなかなか結婚が出来ないのです。
30代前半となって結婚を成功に導ける女性には、やはりある程度の積極性を持っています。出会いの場や機会を逃さずに多くの男性と出会っていく積極性です。それと同時に、出会った相手に重い女と思われないライトさも持っています。成功者たちはこうして結婚をものにしているのです。

積極的になると言うことと焦るということの違いを認識しておきましょう。積極的であるということは、出会いに寛容です。焦るということは出会いに貪欲です。焦りは貪欲ですから、出会った相手を逃すまいとする姿勢や、何としても結婚に近づけようとする姿勢が強く、男性にプレッシャーを与えます。焦りは禁物です。

出会い系サイトで出会う場合にも、自分からメールを送ってみるという積極性を持ってみましょう。出会い系サイトでは受身になっても相手は現れるかもしれませんが、積極的に自分から相手をさがすという姿勢があったほうが理想の相手は見つかりやすいでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ