焦ると出会い系サイトでの出会いで失敗する


焦るな危険
結婚願望が強い人は、婚期を逃しそうだという焦りを持っている人も多いです。また、そういった人が出会いを求める場がない時には、出会い系サイトで結婚を前提とした出会いを求めることもあります。しかし焦ることで失敗を招くこともあるのだと言う事をお伝えしようと思います。

親や親戚から結婚はまだかと急かされ、友人が結婚して行く中で孤独感におそわれ、対象となる相手もおらず年ばかりとって焦燥感は強くなるばかり、こんな状況に置かれた人が結婚を焦るのも理解できるというものです。しかし結婚は人生の一大事であり、焦って失敗してしまえば人生において大変な痛手です。そして結婚とは焦れば焦るほど盲目的となり、失敗してしまうものなのです。

対象の相手がいない場合には特に失敗しがちです。相手を求める為に出会い系サイトや結婚相談所に登録して探すこととなるでしょうが、出会う相手の多くが良く見えてしまうのです。必要以上に焦ることによって「早く相手を見つけてしまわなければ」という心理に陥り視野狭窄となり、普段ならば譲らない部分を妥協することでストライクゾーンが広くなりすぎるのです。その結果本来自分が求める相手とは違う相手と結ばれてしまうこととなります。一緒に生活し始めると相手の嫌な部分もたくさん見えてきます。「本当は分かっていたけど、結婚に焦るあまり受け入れてしまった『本来受け入れられない部分』」もより大きな嫌悪感を以て受けとってしまうことでしょう。こうして結婚生活はうまくいかなくなります。これが焦りによる失敗の内で代表的なものです。

対象の相手が既にいる場合でも、焦りは禁物です。相手がまだ結婚を考える段階でない時から、結婚を前提になどと迫って来られると相手はびっくりしてしまいます。重い女と思われることもあるかもしれません。そのことによって折角の対象の相手を失ってしまうこともあるのです。

以上の二点から、結婚に焦りは禁物であることが分かります。人生の重大事に焦って誤ったり、折角の相手を失ってしまうことは愚の骨頂と言わざるを得ません。繰り返しますが結婚は人生の重大事です。焦ることなくしっかりと着実に進めていきましょう。

焦ることがないならば、出会い系サイトで出会いを求めるのはおすすめです。特にマッチング系の出会い系サイトではマッチする相手を見つけやすく、理想の相手を求めやすいものです。焦らないことで相手をじっくり吟味し、理想の相手を見つけましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ