焦りは禁物


焦りは禁物
出会い系サイトを利用する人の中には、結婚を前提とした出会いを求めている人も多いものです。こういった人々は婚期を逃したくないという思いから、非常に焦りを抱いているものです。

年齢や置かれた環境など、様々な理由から「早く結婚しなければ」と結婚に焦りを抱く人もいるでしょう。焦ることは果たして必要なのか不要なのか、意見も様々であると思います。ここでは結婚と焦りについて論理的考察を展開し、焦りが必要か不要かを結論付けようと思います。

まず、焦ることによって生じるメリットとデメリットを考えてみましょう。「早く結婚しなきゃ!」と焦り、結婚のために行動するとき、まだ対象となる相手がいない人は、相手探しから始めることとなります。知人、職場などに相手はいないでしょう。なぜならそういった場に相手がいるならば、もうすでに対象となっているはずで、今さら対象として求めるべき相手ではないのです。よって、合コンや出会い系サイトなどで相手を探すこととなります。この「出会いの場を求める」という行動は焦りから生じたもので、出会いの場を現実に求め得たならば、それは焦ったことによるメリットと言えるかもしれません。

しかしこの一見メリットであることには、デメリットも伴います。それは、安易な出会いに陥りがちであるということです。特に出会い系サイトを利用する時には注意が必要です。お互いの求める相手がマッチングし、出会ったとしても、それはサイト側の判断であって相手が本当に自分の求める通りの相手かは分かりません。サイトを過信するあまり、また早く相手を見つけたいという焦りから、本来求めるべきでない相手に溺れてしまう可能性があります。これが焦りに依るデメリットです。メリットよりデメリットの方が大きいと思います。逆に焦りを抱きすぎないのであれば、出会い系サイトはいい出会いの場となります。

次に焦らないことによるメリットですが、これは焦った時のデメリットとは逆で、じっくりと相手探しが出来るということでしょう。生涯のパートナーを探すのですから、これは非常に重要なことです。デメリットは、焦りを見せないことで親などから心配されたりせかされたりすること、また積極性の欠如によって出会いの機会が少なくなることでしょう。しかし出会いは多すぎても判断を誤る可能性が高まりますから、少ない出会いが必ずしも悪いとは言えません。
以上を総括すると、結婚への焦りは不要であるということが出来ます。悠揚と構えて、自分が求めるべき相手をじっくりと探して行きましょう。「もうそんな暇ない!」と思っている人も、焦れば焦るほど歯車はうまく回っていかないことを知りましょう。

オススメは、焦りすぎずに出会い系サイトという出会いの多い場でじっくりと相手を探すことです。メールを繰り返すことなどによってじっくりと探し、理想の相手をGETしましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ