年齢で結婚に焦ること


年齢で結婚に焦る
若いうちから、例えば20代から結婚しなければと焦る人などほとんどいないことと思います。良い人がいれば結婚してもいいかなという程度の認識でしょう。しかしこの緩やかな感情はやがて「結婚しなければ」という激しい感情へと変化します。ターニングポイントは28.5歳です。この年齢は女性の結婚適齢期を示すものであり、一般的にこの年齢を越せば越すほど結婚は難しくなってくるとされます。ですから28.5歳を越え30代に差し掛かると女性は結婚に対して焦りを感じ始めるのです。

また結婚適齢期から遠ざかることによって結婚がどんどん困難になってくるのを自覚することから焦りを感じるのと同時に、年齢を重ねていくことで次第に出産が困難になってくることからも焦りを抱くようになります。特定の男性と家庭を築き、その男性との間に子ができ、出産をします。子孫を残すということは生物としての本能です。つまり年齢を重ねることで子孫を残しづらくなることを危ぶみ、本能から男性を求めるという焦りが出てくるのは、ごく自然なことでもあるのです。

親や親戚、その他の周りの人からまだ結婚しないのか、相手はいないのかなどと急かされること、周りの友人たちが結婚し自分が取り残されて行くこと、その他の理由から焦りを生じる場合もありますが、年齢を重ねることから結婚に焦りが生じる場合も非常に多いのです。

結婚適齢期から遠ざかることというのは、自分の考え(それも思想や生き方という意味での考え)で焦らなくなることもあるでしょう。つまり、晩婚でも可能性がないわけではないし、縁があるまでじっくり焦らずに待つのだという考えに至ることができれば、焦りはかなり小さなものとなるでしょう。

しかし子供を産みたいという女性特有の願望ばかりはどうしようもありません。子供が欲しいとは思わない女性も中にいるでしょうから、全ての女性に当てはまるわけではありませんが、多くの女性が子供を産みたい願望を持っているのが実情です。その場合、結婚に対する焦りはどうしようもないもので、年を重ねるにつれて大きなものとなることでしょう。

この場合は、「焦ることで逆に結婚を逃しかねないのだ」という認識をもち自分に言い聞かせることで焦りを多少は抑えることができるでしょう。そうして緩やかかつある程度の積極性のある婚活をし、目的を達成するようにするしかありません。

そのようなときに役に立つのはマッチング系の出会い系サイトです。こういうサイトは一般的な出会い系サイトとは違い、登録者の多くが真剣な出会いを求めており、中には結婚を前提とした出会いを求めているので、理想の相手を求めやすいと思います。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ