女性の出会い系サイト利用


出会い系女性
出会い系サイトに対して低俗なイメージを抱いている人は少なくないでしょう。それは出会い系サイトに登録する男性の中には、単にセックスのみを目的としている男性も少なくないという現実からくるイメージなのかもしれません。また、サクラだらけの悪質な出会い系サイトの存在も、出会い系サイトに対するマイナスイメージの元になっています。

確かにそういった悪質な出会い系サイトは存在しますし、良質な出会い系サイトにセックスを目的とした男性が存在することも事実です。しかし多くは真面目な出会いを求めている人たちであり、特に女性には真剣に出会いを求めている人もいます。

特に恋愛というよりは結婚を見据えたマッチング系の出会い系サイトではその傾向が強いです。では、このようなサイトに女性が登録する原因は何なのでしょうか。

それは、年を重ねることによる結婚に対する焦りでしょう。ではこの焦りはどこからくるのでしょうか。

まず、最も多い原因としては、世間一般の通念として「○○歳になっても結婚しないと、それは婚期を逃している」といったものがあり、結婚する相手が見つからないまま婚期とされる年齢に近づいていく自分に焦りを感じるのです。それと同時に、婚期に近づくにつれて、親や親戚などから「まだ結婚しないのか、相手はいないのか」と心配されることもプレッシャーとなります。本来すでに結婚しているべき年齢になっても結婚をしておらず、また候補となる相手もいない場合には、自分に魅力がないのかもしれないということを自他ともに認めざるを得なくなりますから、これも焦りの原因と言えるでしょう。

その他にも理由はあります。例えば周りの友人や同僚などとのズレです。結婚をして家庭を持ち、子供もできて母親になり、生活環境やスタイルが変わってくると、話が合わなくなったり、共感できる部分が変わってきたりするため、寂しさや置いてけぼりにされている感覚がするため、不安感からの焦りを生じます。女性の場合は特にそうです。女性は子供を作ると本能的に守りに入るために性格ががらっと変わると言われます。そのために今まで通りの関係を保つことが難しくなるのです。

また、婚期を逃すことによって、主婦として家庭を守ることや子を産み愛情を注ぐなどといった、女性としての本能的な喜びを得られなくなるのではないかということも焦りにつながります。女性の場合には、年をとればとるほど出産に対する条件が悪くなってくるので、男性と違ってリミットがあることも焦りの原因となります。

以上が結婚に対する焦りの原因です。ともかく結婚に向けて出会いを求めると言う動きをすれば、何もしないよりは焦りや不安が軽くなります。これが出会い系サイトにと登録する女性の心情です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ