周りが結婚して行く中で焦る


真面目な恋愛
出会い系サイトのなかには、遊び目的の人もいる半面、真面目な恋愛や結婚を前提とした出会いを求めている人も少なくありません。この傾向はマッチング系の出会い系サイトにとくに顕著であり、理想の相手を求めるために、多くの男女が登録しています。

マッチング系の出会い系サイトでは若い人よりもある程度の年齢に達し、結婚を考えるようになってきている人が多いです。結婚適齢期を過ぎても相手を見つけられない人も多いです。これらの人々は、婚活に焦りを覚えていることも多いものです。

結婚に対する焦りの中で、その理由となるものにはいくつもの理由があります。
親や親戚、知人らから「まだ結婚しないの?相手はいないの?」などと急かされたり(この場合、自分に相手がいなかったり。独身がコンプレックスとなっている場合にはその焦りは半端ではありません)することは大きな原因の一つです。なぜ周りの人間がこうして結婚を急かすのかと言えば、それは社会通念として結婚適齢期というものがあり、それを過ぎたことへの心配というのがまずあり、他にも同世代の人間が既に多く結婚していた場合などは、ひとり、また一人と周辺の人間が結婚して行くたびに急かされることとなるでしょう。後者のほうが急かされる大きな要因となるでしょう。

周りの友人や知人が結婚をして行くことで生じる焦りもあります。
取り残されて行くように感じられるために焦るのです。この「取り残される感覚からの焦り」というのは、単に周りから未婚者が減っていくという事象に対してのみの焦りではありません。別の焦りは、結婚した友人と自分との間に生じるズレから生じるのです。女性というのは、結婚してから性格が大きく変わるものです。何故かと言えば、結婚して家庭を持ち、子供を作ることで女性というのは守りにはいる行き方を始めます。専業主婦などは特にそうでしょう。家事や夫・子のサポートをすることで家庭をまもり、子に愛情を注ぎ、旦那に尽くすことで、日常生活に不安や不満も覚え始めます。会って会話をすれば当然その不安や不満を会話に上せます。しかし経験のない自分には当然理解できない不安・不満も会話に出てくることでしょう。そういうことにズレを覚えると焦るのです。また、友人が子を設けることも大きな焦りの要因となるでしょう。「そろそろ私も産まないと高齢出産になってしまう」と焦るのです。

しかしいくら焦っても、その焦りがもとで相手の選択を誤ってしまうこともあるかもしれません。出会い系サイトの中には多くの出会いがあり、求めれば相手はみつかるものです。余り焦らず、じっくりと遣り取りをして、「この人ならうまくやれそうだ」という相手を見つけて、理想の恋愛をみつけましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ