友達が恋愛や結婚して行くこと


友達が結婚
周りは皆彼氏や彼女を作っているのに、自分にはいつまでたっても相手が現れない・・・そのことで焦りを覚えたという経験がある人がいるかもしれません。また、ある程度の年齢に達し、周りが次々と結婚して行くことから焦りを覚える人もおおいでしょう。特に結婚適齢期を過ぎていたならばこの焦りは大きなものとなるはずです。

このような人たちは、相手がいないためにこのような焦りを覚えてしまいます。まずは出会いを獲得する事が先決です。そんなときにオススメなのは、出会い系サイトを利用する事です。出会い系サイトでは、単なる遊び相手を求めて登録する人も多いことから、真剣な恋愛や結婚を前提とした出会いを求めている人からは敬遠されがちです。しかし、マッチング系の出会い系サイトでは、真剣に出会いを求めている人が多く、オススメできます。

しかしリアルにしろネットにしろ、出会いに焦りは禁物です。焦りの原因を突き詰め、良い出会いを迎える準備をしましょう。

男性と女性、共に友達の結婚をみて焦りを生じますが、男性と女性では焦りの内容が多少違います。男性の場合、結婚に踏み切る為には経済的安定が必要ですので、結婚した友達は経済的安定を獲得しているということができます。周りの友達が続々と結婚して行くと、「周りは結婚している(それだけ経済的に安定している)のに、自分はなにをしているのだ」と、同世代の中で自分が経済的に安定していない事実に思いを致し、そして焦るのです。次に女性の場合ですが、女性と言うのは家庭を持ち、子を産むことで守りに入り、性格ががらりと変わり、それによって生活スタイルも変わります。なので今までお互いに共感していたことが結婚を機に共感してもらえなくなったり、子供ができたことで一緒に食事に行ったりすることがなくなってすれ違いが生じます。そのすれ違いから結婚と言うものを考えさせられ、焦るに至るのです。また、子を産む友達を見て、自分も欲しいと思います。出産は年を重ねると難産やその他のリスクが高まりますから、そこからも焦りが始まります。

さて、果たしてこの友達の結婚による焦りを解消する、もしくは緩和するために妥協が必要なのかどうかを検討していきましょう。

男性の場合は、この焦りを強く感じるのは周りが経済的安定を取得しはじめる20代後半の時期です。「まだ余裕はある、今は経済的に安定していないが、30代で結婚しても遅くないのだからそれまでに経済的安定を獲得すればいい」とドンと構えることが焦りを解消する方法といえます。

女性の場合も、「30代での結婚は遅めの結婚かもしれないが、それまでに仕事をバリバリこなすことで、20代で結婚した女性が味わえない経験をすることができる」と考えるのも一つの方法です。

つまり男性にしろ女性にしろ、結局のところ自分の考え方次第で焦りは深くも浅くもなるのです。焦っても焦らなくても同じ人生ならば悠揚と構えておく方がいいのではないでしょうか。焦ると万事うまくいかなくなるものです。

出会い系サイトのなかでは、多くの出会いがあります。焦らずとも相手はみつかるでしょうから、出会ってすぐにその人しかいないと決めつけてしまうのではなく、じっくりと遣り取りを重ねていきましょう。そうすることで、理想の出会いが見つかるはずです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ