出会いで妥協していいこと・悪いこと


妥協
年を重ねるにつれて結婚への焦りが出てきます。結婚適齢期を過ぎるまでは焦りはほとんどないのですが、結婚適齢期を過ぎて、30代にさしかかると焦りが出始めます。このような女性の中には出会い系サイトで結婚を前提とした出会いを求める女性もいます。方法としては非常にいい方法であると思います。以下を参考にして、なぜ結婚適齢期を逃してしまったのかをよく考え、妥協するべき点とするべきでない点を考えて出会いを求めるようにしましょう。

なかなか結婚できない人の共通点として、「高望みをしすぎる」ということがあります。たとえば自分はもう30歳を越しているのに、年相応の相手を探すことをせずに、年下でイケメンで高収入な男性を求めたりします。こんな馬鹿な話はないでしょう。そのような男性がいれば、もっと若くて才色兼備の女性を妻としたいと思うはずです。

高望みは禁物なのです。つまり、結婚相手を選ぶ際に誰しも基準を設けると思いますが、どこかで妥協しなければ、結婚相手はみつかるものではありません。

それでは妥協してもいい点・悪い点とはどのようなものでしょうか。妥協してもいい点から見て行きましょう。まず年齢は一番妥協しやすい点でしょう。若い男性がいいと思う女性もいるでしょうが、自分と同年代、もしくは少し年上の男性などはある程度社会的地位や収入を確率している男性が多いでしょうから、こちらに目を向けるのもいいものです。結婚をすることで経済的安定を得られるのは大きなことです。次に容姿も妥協しやすいのではないでしょうか。例えば「ハゲている人は嫌だ」とか「髭の濃い人は嫌だ」とか様々な好みがあるでしょうが、中身が良ければ外見もあまり気にならなくなるものです。他の条件のとも合わせて考えて、容姿も妥協するかどうか考えてみましょう。

逆に妥協できない点ですが、収入面はなやむところです。例えば「必ず年収1000万円以上の男性でなければ駄目だ」などという望みは高望みですので、「年収が400~500万円くらいでもいいかな」と妥協する必要はあるでしょう。しかしいくらなんでも良い年となっている男性が低い年収に甘んじているようであれば、それは生活の安定ということに直接響いてきますので、妥協してはいけない所です。

また、性格の不一致は妥協できません。もし妥協するならば、それはもはや妥協ではなくて我慢となります。いずれ夫婦間がうまくいかなくなることは必定です。

以上が留意すべき点です。妥協すべきは妥協し、良い出会いを見つけましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ