マッチング系出会い系サイトを利用する女性の焦り


コンカツ女性
男女を問わず、結婚を前提とした真剣な出会いを求める人はマッチング系出会い系サイトを利用する事を好みます。これはプロフィールをもとにしたマッチング機能によって、自分にあった相手を求めることが出来るからです。出会い系サイトを利用する女性には婚期を考え焦りがあるものです。

女性と男性では結婚に対する視点は異なります。女性はリアリスト、つまり現実主義的な生き物ですから、結婚に関してもその現実主義的視点で視るため、男性とは違った女性ならではの結婚観が形成されるのです。しかしそれが原因となって婚期を逃し、結婚へ焦りが生じることがあります。

そもそも結婚へ焦りを感じる女性、つまり結婚できない女性はどのような女性なのでしょうか。まず挙げられるのは容姿がいい女性です。容姿がいい女性というのは事実はそうでなくとも交際相手がいるように思われがちであり、男性からすれば話しかけづらい印象を与えます。実際に容姿の良い女性は口説かれたりして彼氏がすぐできます。付き合っている男性と別れたとしても別の男性のアプローチを受け、またすぐに彼氏ができます。そのことによって女性は「別れてもすぐ彼氏ができるし、色々な男性と付き合ううちに生涯のパートナーをみつけられればいい」と思うようになり、そんなことを繰り返しているうちに婚期を逃してしまうのです。

この他の結婚ができない大きな理由は、「妥協できない点」があることです。例えば相手の外見やちょっとした相性に妥協ができないことは結婚を妨げます。相手のルックス、体型などが自分のイメージ通りではないというだけで相手を拒否し、またメールや電話でのちょっとした食い違いで嫌悪感を抱いてしまったりするのです。これでは相手の表面的なことしか見えないため、深い付き合いができません。相手のちょっとした短所を気にせず、長所を発見するようにしましょう。

年収を妥協できないというのも結婚できない理由です。たしかに相手の男性にある程度の収入がなければ、家庭を持ち子を養育するのに不安が残るため、なかなか妥協できないかもしれません。しかし年収500万円を超える結婚適齢期の男性は約9%と言われます。この数値の低さを現実のことと受け入れ、年収を妥協しなければ、生涯独身を貫くことになるかもしれません。

出会い系サイトでマッチする相手を探す時にも、理想が高すぎれば出会い系サイトでも相手が見つからなくなるでしょうから、結婚に辿り着くためには、ある程度の妥協も必要となることを知り、うまく自分の感情や視点を結婚に向いたものにして行かなければなりません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ